BAD MOOD

BAD MOODとはFukaseがデザイン監督のもとうまれた
5人のキャラクターによるストーリーを中心とした、
多様な手法でクリエイティブを展開するブランド。
その横目づかいが愛らしいビジュアルの
キャラクターからこぼれてくる皮肉的なメッセージ。
そんな彼から発展していくBAD MOOD ワールド。

ANIMATION

Fishman、Butt、Rabbit、UFO、Moth
いかれた5人で結成されたバンド
「THE PINK ELEPHANTS」
彼らの平穏でクレイジーな日常が
ここから始まる

CHARACTER

  • ベース担当。女好きで、
    いつもグルーピーといる。

  • ギター担当。比較的真面目。尻。
    自身がピックのようになりギターを弾く。

  • キーボード担当。
    シャブ中。

  • ドラム担当。ヤンチャな性格。下から出てくる触手のようなものでドラムを叩く。

  • ボーカル担当。無口で無神経。
    ナルシスト。

COLLABORATION

東京のスニーカーカルチャーを世界に向けて
発信し続けるショップ
「atmos」とのコラボ商品を発売!

INFOMATION

GOODS

    BAD MOOD COMIC Episode 0初回限定ステッカーセット付き(全5種)
    B5 18P ¥3,600(税・送料別)
  • ステッカーセット
    全5種類 ¥1,500(税・送料別)
  • ポスターセット
    A2サイズ 全5種類 ¥5,000(税・送料別)
ONLINE SHOP

CREATORS

Fukase
ARTIST

2019年行われた全国ツアーでは約30万人にもおよぶ動員数を誇るSEKAI NO OWARI。
音楽シーンに突如現れ、「セカオワ現象」と呼ばれるほど加速度的なスピード感で認知を拡大し、日本を代表するグループとなった。
SEKAI NO OWARIのボーカリストであるFukaseは、数々の楽曲・世界観を創造し、その歌声は幅広いファン層を魅了する。

彼の鋭い感性と才能は幅広い面で発揮され特にファッションにおいては独自のスタイルが評価され、国内外のファッション誌に度々登場。
その存在感は新しいトレンドを作っていく存在となっている。
近年では、単独でのCM出演や、独特なタッチで描かれる絵画にも注目が集まるなど、多方面から高い評価を受けている。

Naoki
CREATIVE DIRECTOR

2014年にKAMARQ HOLDINGSを創業し、
シンガポール・ニューヨーク・ジャカルタ・東京にて様々なサービスを展開。
またSEKAI NO OWARIのGo Global Projectである
End of the WorldのCreative Directorを務める。